So-net無料ブログ作成

13日に腰痛予防の無料セミナー―聖カタリナ大(医療介護CBニュース)

 聖カタリナ大(松山市)は6月13日、介護職員や看護師向けに腰痛予防の無料セミナーを開催する。

 同セミナーは愛媛県の委託事業で、愛媛県福祉サービス協会が協賛する。

 講師に日本ノーリフト協会の保田淳子代表を招き、保田氏が「よりよいケアの提供とプロとして行う腰痛予防」と題して講演する。保田氏のほか数人の介護施設関係者を交え、「介護・看護職の腰痛予防対策の現状と今後の展望」をテーマにパネルディスカッションも行う。

 時間は午前10時から午後4時まで。場所は松山市内の同大体育館。定員は300人。10日までにファクス089(993)0900で申し込む。


【関連記事】
社会福祉施設での腰痛防止と危険予知でマニュアル―厚労省
施設系職員の不満目立つ―介護労働安定センター調査
介護施設での事故、転倒が6割−三菱総研調べ
介護従事者の負担軽減に福祉用具の導入を―リフトリーダー養成研修会
介護サービスへの苦情は減少傾向−東京都国保連の相談白書

神戸のパンダ、レンタル5年延長へ=2世誕生に期待―市立王子動物園(時事通信)
島根原発の不備は511カ所 点検漏れで中国電が最終報告(産経新聞)
9月に自殺予防対策セミナー−日精看(医療介護CBニュース)
財務相に野田氏、戦略相に荒井氏=岡田外相ら11閣僚再任へ―菅新首相(時事通信)
世論調査 直撃受けた自民党とみんなの党(産経新聞)

岩手・宮城内陸地震の被災国道、復旧ウオーク(読売新聞)

 岩手・宮城内陸地震で被災した国道342号が完全復旧し、岩手県一関市で29日、市民らが国道を歩くウオーキング大会が開かれた。

 岩手県によると、2008年6月の地震で、真湯(しんゆ)―須川間の約15キロで21か所が被災。道路が200メートル以上谷に崩落した場所もあった。30日正午には約2年ぶりに一般車の通行が解禁される。

 この日は、一般公募を含む約370人が参加。同市大東町の農業菊池公雄さん(66)は「大規模崩落地を実際に見て、改めて大きな地震だったと思った」と感慨深げだった。

内田裕也が蓮舫に花束贈呈 「お疲れさま」の気持ち込めた(J-CASTニュース)
<口蹄疫>種牛49頭の殺処分容認 東国原・宮崎県知事(毎日新聞)
日米首脳が電話会談(時事通信)
口蹄疫 特別措置法が成立 国の損失補償、より手厚く(毎日新聞)
エルメス専門店で出店荒らし、被害2千万円 大阪(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。